長髪にするということ。そのメリット

こんにちは。この記事はficebook にて知り合いに教わったものです。
簡単に言えば、長髪でいる方が、感覚が鋭くなり第6感が働くということ
どこまでが本当なのかわかりませんが、確かに納得のいく話でもあるなと
素直に思う。おもしろいので、読んでみてください!

その記事がこちら


この毛髪についての情報はベトナム戦争以来、公衆からひた隠しにされてきた。


我々の文化では、ヘアースタイルは個人的な好みの問題で、ファッションおよび/または利便性に関することであり、しかも髪形をどのようにするかはたんなる美的な関心事に過ぎない、と人々が信じるよう誘導している。


19世紀初頭、サリーは復員軍人病院に勤務する心理学者と結婚する。彼は戦闘経験のある退役軍人たちの治療にあたっていた。 


サリーは次のように話した。「主人がある日の夕方、仕事のものと思われる分厚い書類の束を両手に抱え、当時私たちが住んでいた医師たちが住む集合住宅に戻ってきたのをはっきりと覚えています。 中身は政府公認のある研究に関するもので、数百ページにも及ぶものでした。 彼はその内容にショックを受けていました。 彼が目を通したそれらの書類は、彼の人生を完全に変えてしまいました。 

その時以来、保守的な中産階級のごく普通の夫が、髪とあごひげを伸ばし始め、二度と切ることはありませんでした。 

その上、復員軍人病院はそれをとがめることもなく、またその他の非常に保守的な職員の男性たちも彼の例にならったのです」


「その書類を読んで理由が分かりました。 ベトナム戦争が行われている際、起伏の多い地形を密かに移動するのに熟練した優秀な偵察兵やタフな若い男性を求め、アメリカ・インディアンの特別保留地 をくまなく探そうと、陸軍の特殊部隊が隠密となる専門家たちを送り込みました。 

「通常の勧誘のように、新たな新人を登録するため、使い古された口先のうまい言葉が使われ、これらインディアンの追跡者たちの一部は兵に加えられました。 ひとたび軍隊に入ると、ある驚くべきことが起きたのです。 

何であれ特別保留地で 彼らが持っていた才能や技術が、不可解にも消え失せたようになり、新兵を次々に集めても、実戦を想定した状況では期待された能力を発揮しなかったのです


「任務遂行に関する深刻な犠牲と失敗により、政府はこれらの新兵たちの高額な出費を伴う研究を縮小化するに至り、そうしてこの事が見つかったのです」 「期待された任務の遂行に失敗したことについて尋ねられた時、古参の入隊者たちはみな口を揃えて答えました。

 命令を受けて軍隊式の髪型にしてからは、もはや敵を「感じる」ことが出来なくなり、「第六感」を利用することが出来なくなり、自分たちの「直感」はあてにならないものとなり、同様にわずかな兆候を「読みとる」ことが出来なかったり、超感覚的な微妙な情報を入手できなかったと


「そこで研究機関はさらにインディアンの追跡者たちをリクルートし、彼らの長髪はそのままにさせて、複数の地域でテストしました。それから、すべてのテストで同じスコアを出した者同士を二人ずつペアにしたのです。二人のうち一方には髪を長いままにさせておき、もう一方には軍隊式の髪型にさせました。その後、二人の男性は再びテストを受けたのです」


「何度テストを重ねても、長髪の男性高得点を出し続けました。何度テストを重ねても、短髪の男性は以前に高得点を出したテストに落第した のです」

モトPのありのままの幸せ~♪ 長髪には意味がある


▼テストの代表例

新兵たちは森の中で眠っている。武装した「敵」が眠っている男性に近づく。 長髪の男性は、危険を知らせる強い感覚で眠りから覚め、敵が近づく前に、敵が近づく際に漏れ出る音が聞こえるずっと前に、遠くへ逃れる。


このテストの他のヴァージョンでは、長髪の男性接近を察知し、敵が物理的な攻撃を行うであろうことをどういうわけか直感で知る。 彼は自身の「第六感」 に従い、じっと待機する。 寝ているふりをしているが、素早く攻撃者をつかみ、彼を絞殺しようと手を伸ばす攻撃者を「殺す」のだ。


この同じ男性が、これらのテストやその他のものをパスした後、軍隊ヘアーにすると、これらのテストや以前にパスしたその他多くのテストにも一貫して失敗する のだ。




▼解説

哺乳類の身体は何百万年もかけて進化してきた。人間や動物の生き残る術は、時おり超神秘に近いものを発揮する。人間や動物が示すこの驚くべき生存能力について、科学は絶えず発見を重ねて迫っている。身体の各部位は、身体全体としての生存や健康のために、高度に繊細な機能を保持している。身体にはそのあらゆる部分ついて理由があるのだ。


髪は神経系の延長であり、露出した神経としてや、高度に進化した「触角」、あるいは、脳幹や大脳辺縁系、新皮質に莫大な量の重要情報を送り届ける「アンテナ」の類として、正しく見なすことができる。


男性の顔に生える毛も含め、人の髪は、脳に伸びる情報ハイウェイを提供するのみならず、脳が外部の環境に放射する電磁エネルギーを発する。 このことは、長髪の人物を撮影し、その後に髪を切って再撮影したキルリアン写真で確認されている。


髪を切ると、周囲の環境との伝送および伝受が大きく阻害されてしまい、結果的に麻痺状態となる のだ。


髪を切るということは、その土地の生態系における環境的災難に気づかなくなる一因になる。また、あらゆるものとの結びつきに鈍感となる一因にもなる。そして性的欲求不満の原因になるのだ。




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です