【必見】わかりやすい30代からのヘアケアーのやり方 

img_2584

hachiでは、30代のお客様もとても多く、もちろん40代、50代、60代と

いらっしゃいます。頭皮や頭髪は、ほとんどの方が30代に入る前後くらいから

今までとは、違ってきます。泣

では、どうすれば良い状態をキープできるのでしょうか?

今日は、紙芝居形式で、画像をどんどん載せていきます。

 

img_2585

img_2586

特に女性は、体質の変化や妊娠、出産でも大きく変わっていきます

そして、子育てによる睡眠不足や授乳による栄養不足もかなり

影響してしまいます。

img_2587

img_2588

img_2589

img_2590

img_2591

img_2592

img_2593

img_2594

img_2595

img_2596

img_2599

img_2600

img_2601

img_2602

どうでしょう?

日々のケアーの重要性があがってきます。

良いものを使うことより、自分にあったものを使うこと

自分にあったやりかたをすることが1番です。

担当スタイリストによく相談して、良い状態をキープできるよう

環境を整えていきましょう。

 

大沼宏行

【必見】簡単!髪が傷まないドライヤーの使い方

img_9472

髪が傷む理由には、紫外線やカラーやパーマ、シャンプーなど

たくさんの理由があります。

 

 

しかし、髪が1番傷みやすい箇所は、決まっていて

それは

顔周り

トップ

になります。

 

 

この理由は、簡単で

紫外線を1番受ける

ということと、もう1つが重要で

1番 いじってしまう

ところなんです、普段もよく触ってしまうし

乾かすときもそこから乾かしてしまうのです。

 

 

ここに傷むことのヒントがあるのです。

単刀直入に言うと、ドライヤーを使う際に

トップや前髪、顔周りを先に乾かして、他はあとから

乾かすことにより、最初に乾かし始めた髪は、終わる頃には

オーバードライ(乾かし過ぎ)

になってしまいます。それが、毎日になってしまうことにより

髪の傷みが、どんどん進行してしまい取り返しのつかないことに

なってしまいます。

 

 

じゃあ、どうすればですが、もちろん意識して、内側や後頭部から

乾かせば問題ないと思いますが、もっと簡単なやり方が

クリップでとめる

と簡単に、髪に優しく乾かすことができるのです。

実際のやり方です。

 

 

シャンプー後、タオルで十分に乾かす

img_9472

 

 

 

そうしたら、トップと顔周りをクリップでまとめます

まとめやすいやり方で構わないので、まとめてみてください。

img_0283

 

 

 

その後、クリップで止めていない部分をしっかり乾かします。

img_6994

 

 

トップと顔周りは、まだ濡れていますが 他はしっかり乾いた状態が、こちら。

img_3996

 

 

 

その後、クリップを外して、乾かします

img_6522

 

 

すべて、乾かし終わるとこんな感じになります。

img_6807

 

トップや顔周りに、潤いが生まれ、髪が生き返ったような気になります。

これを、日々続けることにより、日々の髪のダメージも軽減し

みんなに褒められること間違いなしです。

 

クリップで止めるだけで

 

もちろん、シャンプーやトリートメントを、髪質にあったものを使い

乾かす前に、オイルやスタイリング剤を付け、さらに高級ドライヤーを

使うことによって、さらにクオリティーの高い成果も期待できるので

こだわりが強い方は、是非お試しください。

 

大沼宏行

夏はさっぱりこのシャンプーに決まり ルベル COOL ORANGE & アジュバン Re:Cool 

IMG_1829

毎日、暑い日が続きますね。

紫外線も強いので、予防もしっかりしないといけませんが

暑さのせいで、頭皮も汗だくになって、なんかすっきりしない

そんな夏は、普通のシャンプーでは物足りなくなってしまいます。

 

そこで、近年、夏になると流行るのが

冷やしシャンプー

 

世の中にもいろいろな、クール系のシャンプーが出ています

しかし、さっぱりすることが重視のシャンプーは、髪にはあまり

おすすめできなかったりするのです。

 

そこで、hachiでおすすめしたい、

すっきりするし

髪にもやさしい

シャンプーを2つ紹介したいと思います。

 

ひとつめは

ルベル COOL ORANGE

IMG_1826

 

界面活性剤は、ラウレスラウレス4酢酸Na、コカミドDEAと比較的

優しいシャンプーです。女性でも使用可能で、クール系ですがきつすぎない

シャンプーです。ボトルもとてもかわいいので、お風呂に置いておくだけで

ちょっと良い感じです。

そして、お値段が安い、なんと

1080円税込

夏に間だけ使うのであれば、お手頃ですね。

 

 

 

 

 

 

ふたつめは

アジュバン Re:cool

IMG_1828

界面活性剤は、コカミドプロピルベタインなどなどです。

これは、さらに優しいシャンプーです。メーカー自体がこだわりの

持っているメーカーなので、クールだけど体に頭皮に優しい

クール系の中で、1番優しいと思います。

もちろん、その反面クールさは少し控えめですが、女性だったら

このくらいでちょうど良いかもしれません。

やさしい、すっきりのシャンプーです。

お値段は、ちょっと高めの

2370円税込

ただ、とても優しいシャンプーなので、他とは

全然違いますよ!!

 

 

 

他にも、いろいろとありますが、シャンプーは毎日使うものなので

こだわりをしっかり持ってお使いください。

夏を、しっかり過ごすと秋の抜け毛も、減少しますので

がんばる価値ありですよ!

 

大沼宏行

 

気持ち良いシャンプー 自分では取れない皮脂をも取れますよ

IMG_1532

毎日暑い日が続きますね。

夏になると、汗かいて皮脂も増えます

そして、紫外線をいつも以上に浴びてしまう機会が

増えてしまいますね。

それを繰り返すと頭皮が赤くなったり、湿疹が出たり

痒みが出たりします。放っておくと皮脂が酸化して

「過酸化皮質」に変わってしまい、「匂い」の原因になること

もよくあります。困りますね。泣

 

だからと言って洗いすぎは良くありませんが、

1 汗をかいたときはきちんと洗う。

2 紫外線を浴びる時間が長いときは、日焼け止めなど

のケアーをきちんとしましょう。

 

髪も頭皮も、きちんとケアーすることで、夏に起こるダメージが減って

夏が終わったときの髪や頭皮の違いがかなりでますよ。

 

写真はhachiでの、シャンプー風景。自分で洗うことでは取れない

頭皮の汚れや皮脂を洗い流し、しっかりマッサージすることに

よって血行促進!そうすることで、健康で美しい髪が生えてきますよ

 

そして、何より

hachiのシャンプーは

気持ちよい

みんなめちゃうまいですよ!

 

頭を洗うことって、本当リラックスするし

さっぱりするし、髪もつるんつるんに。

夏はトニックなども付けたりするので

いつも以上にさっぱりします。

 

ぜひ、お試しください。

 

大沼宏行

シャンプー何使ってますか?世の中のタブー?美容師でもわからないこと

IMG_1430

みなさん、シャンプー。何、使っていますか?

 

そのシャンプー何年くらい使い続けてますか?

 

 

僕の記憶の中で、昔からあるシャンプーと言えば

メリット

パンテーン

ラックス

ツバキ

などだ。昔に比べ、現在、これらの商品も内容成分の改良などで、きっと年々良

くなっているはず、もし、同じものを使い続けている人がいれば、今回のはかな

り良いなと思ったりするんじゃないかと思う。しかし、改良内容が単純にコスト

削減のためのものかもしれないということも考えられる。

 

美容室に置いてあるシャンプーも多種多様で、高額であるが同じメーカーから

一定期間で、新たなシャンプーが発売される。もちろん、以前よりも良くなりま

したというキャッチフレーズの元でだ。もし気に入ったシャンプーであれば、そ

の違いに残念だという声もお客さまから聞いたりもする。

 

 

何が言いたいかと言えば

昔から、変わらないシャンプーはない

 

ということだ。

何でもあてはまることかもしれないが、僕は何で?と思う

 

良いものは王道として残るんじゃないの?

 

お菓子で言えば、キットカットやポッキー、きのこの山など

子どもの頃からあるものが、残っている。

これって、唯一だからなんじゃないでしょうか?

たまに、食べたくなるし。

 

 

 

本来は、王道のシャンプーがあって、キッコーマンの醤油のように

これを買っとけば間違いなしみたいなものが大手メーカーから出ていても良い

ような気がするが、シャンプーの場合は、名前は一緒だが、割と全然違うものへ

と変貌することが多い。多分、ノンシリコンやリンスインシャンプー

など世の中の流行りにより、売るために変わっていってしまう。

 

そして、言いにくいが現状としては、

市販のシャンプーは、僕は使う気になれない。

短髪だし、美髪へのこだわりがあるわけではないがそう思う。

世の女性やこどもたち、髪が長い人たちには、良質のシャンプーを使って欲しい

と切に思う。

 

僕の中で、シャンプーやトリートメントは、化粧品分類

というよりは、薬品

処方箋

くらいの気持ちを持っている。年齢や気候、ヘアースタイルによって

使った方が良いシャンプーは違うし、そこを間違うとフケやかゆみ

髪のかさつきなどの問題が起こることも多々ある。

 

使い続けたいシャンプー

これが、とても大事なことだと思うが、残念ながら今の世の中には少ない。

 

いつかというか、世の中のシャンプーに対する価値の考え方が変われば

きっと今までにない良質なシャンプーが生まれるんじゃないかと思います。

 

ちなみに、20年美容師をやってきて、これは、パンチ力はないけど良いなと思

い使い続けてるシャンプーをご紹介させていただきます。

僕は、オーガニックが全て良いものだとは思はないし、特に熱いこだわりが

あるわけではありませんが、良いものは変わらない。

そう思える商品だと思います。

 

アジュバン

http://www.adjuvant.co.jp/brandGoods/?id=8

ピュア95

http://aitecjp.com/blocks/index/00012

 

大沼宏行