【追加情報】シャンプーのやり方について、メーカーさんから追加情報です

column0105_content02

以前シャンプーのやり方についていろいろブログにて書いたのですが

メーカーさんの話す機会があり、なるほど思う追加情報を教えていただきました

 

とにかくやさしく。こすらない

頭皮もお肌もこすらないことが基本です。

上記の画像のように、強くこすると毛穴近くにある立毛筋が毛穴を

締めてしまいます。要は、鳥肌状態ですね。

そうすると、毛穴が締まってしまい毛穴の汚れが落ちづらくなってしまいます。

優しいタッチで指圧したり、優しく洗うことで、立毛筋を刺激しないで洗うこと

でき、毛穴の汚れもきれいになります。

 

そのために必要ななのが

こまかい泡で洗う

これは、以前も書きましたがこっすらず洗うためには、たっぷり&濃密な泡が必

要です。なるべく2回洗いにします。すると2回目の泡は少量にシャンプー剤で

もたくさんの細かい泡をつくることができます。

これが、とても大事で、このたっぷり細かい泡で頭皮をパックするように包み込

みます。そしてあとは、待つだけ。

ちょっと時間はかかりますが、毛穴の奥の細かい汚れもこれによりしっかり取る

ことができます。毎日ではなくて良いのでお時間があるときは、

頭皮パック

をぜひ、やってみてください。

 

お肌は、元々弱酸性で安定しますが、汗をかいてしまうとアルカリ性に傾き

頭皮もお肌も乾燥してしまいます。汗をかいた日はしっかり洗うことと

夏でも保湿を心がけていきましょう

 

大沼宏行

 

【画期的】前田裕果が提案する一工夫で髪質向上するシャンプーやり方

IMG_1420

最近は、良いシャンプーを使ったり、湯シャンをしたり

最新のドライヤーを使ったりと、髪を良くするための努力を懸命にしている

方たちが増えたような気がします。

 

hachiでは、お店として、

「良いデザインのためには、良い素材」

と言う思いで、お客様に合わせた、デザインに合わせたシャンプーやトリートメ

ント、ケアーの仕方を提案しています。

 

やはり、素材がよくなることで、より良いデザインがつくることができ

自宅での再現性も格段に良くなります。

そして、今はよくとも、年齢とともに髪質や毛量も低下していきますので

日々きちんとしたケアーをしていかないと年相応のヘアーデザインすら

でき辛くなってしまいます。

 

では、髪のために、やった方が良いは何なのか?たくさんありますが

今日は、hachiスタッフ 前田裕果(まえたゆか)が自分で実証したやり方を

ご紹介させていただきます。

 

やることは一つ!お金もかからず!簡単!

「タオルターバン巻いて、時間をおくだけ」

71830289

これだけのことを毎日続けることで、格段の変化があるようです

 

前田が普段、シャンプー後にタオルターバンを巻いて少しおくような生活をして

いたところ、自分の髪質の変化に気付きました、そのことをメーカーさんに確認

したところ、時間をおくことによる、効果はあるということが確認できました。

 

そもそもの話をしますと、どのシャンプーでも良いというわけではないのですが

アミノ酸系のやさしいシャンプーなどは、時間をおくことにより効能があがるも

のが多数あります。(詳しくはhachiにてお尋ねください)

 

トリートメントも、もちろんなるべく時間をおくべきだと思います。

 

シャンプーを終え、トリートメントを終え、お風呂上がりに、タオルドライ後タオルターバンを

巻いて15分程度おくことにより、効能があがり成分がより髪に定着していくよ

うです。

 

かくし味ではないですけど、一工夫、一手間をかけることでこんなに変わるなら

やるべきだとおもいませんか?

 

髪も繊維なので、野菜や衣服と一緒です。

野菜に味をしみ込ませるイメージで、良くなるのを

ちょっとの時間、待ってあげてみてください。

大沼宏行

【シャンプーのやり方】これを読んだら洗い方が変わりますよ

IMG_1377

先日、メーカーさんにいろいろ質問させて頂きました

とてもこだわりの強いメーカーさんで品質も最高なものばかりのです。

 

そのメーカーさんに

僕が聞いたのは、シャンプーのとき

「泡だけで、汚れは落ちるのですか?」

 

手でゴシゴシしなくても汚れは落ちるのか?ということでした

結論から言うと

 

「落ちます」

 

厳密に言うと『きめ細かい泡』である方が細かい汚れまで落ちるようなんです。

なので、汚れを取るだけの目的であれば、1番大事なことは

きめ細かい泡をたくさんつくり

少し時間をおくこと

 

 

手でゴシゴシ洗うことは無駄ではないのですが、どちらかというと揉むような

動作が大事で、頭皮の血行を促進するために指でしっかり頭皮を揉んであげるこ

と、そうすることにより、これから生えてくる毛髪を良い状態にしてあげること

ができます。

 

夏になり、外にでることが増え、汗や汚れなどしっかり洗いたいな〜なんて

思うことが増えるかと思いますが、だからといってゴシゴシ洗うのでなく

しっかりきめ細かい泡をたくさんつくり

ちょっと時間をおいてあげること

を意識してみてください。

 

大沼宏行

 

 

 

おすすめトリートメント ミルボン プラーミア 

IMG_1164

hachiで使っている、たくさんのトリートメントの中の

ひとつを紹介したいと思います

 

「ミルボン プラーミア」

 

 

一言で言うと しっとり仕上がるトリートメントです。

最初の行程で、炭酸ムースを全体に使用します

炭酸の効果は、アルカリ除去や血行促進、髪の状態をリセットする効果が

あります。これを行うことで、そのあとのトリートメントが非常に入りやすく

なり、アルカリ除去をすることにより、PH値を平常に戻し

その後の傷みも軽減します

 

その後、1番、2番を2つ付けます。

時間も短く、仕上がりはちょうど良い感じのしっとり感とサラサラ感

平均的というと、あまり良くないように聞こえますが、どんな髪質でも

対応できる万能型のトリートメントだと思います。

 

匂いもとても良いですよ!

パーマ、カラーとも相性バッチリです

 

大沼

 

オーガニックって本当はなんのこと?

img-3

最近耳にしますよねーーーーオーガニックって!

だんだん聞き慣れてきましたけど、まだまだ本質までわかっている人ってすくないのでは!?

美容室をやっているので、もちろんシャンプーやワックスなどを扱っているのですが、そう言った美容品にもオーガニック商品が多くなってきました。

奥は深いので簡単に書きます。

オーガニックとは、科学的な農薬や肥料を極力使わない有機栽培のことです。それは、土壌を本来の自然に戻し、周りの環境も含めた自然循環機能を高めることにつながります。更には生産者の生活環境を向上させ、消費者である私達を有害な物質から守ります。しかし、特別栄養価が高かったり、すべての安全性を認証するものではありません。(農薬から安全性という面では高いですが)オーガニックを選ぶことで何にいいのか?を理解出来ること。取捨選択しやすくなります

JAS

こんなマークたまに目にしますよね!私達はこのようなマークを見ると、安全安心という気持ちがすぐ生まれます。こちらは、主に日本でだいたい食品についています。

そして日本には、オーガニックコスメの認定機関は存在してません。

☆海外のオーガニック認定機関☆

世界にはヨーロッパを中心に沢山のオーガニック認定機関があります。日本には、オーガニックコスメの認定機関がないため、海外の認定機関の認めた商品を多く見かけます。認定の基準は様々ですが、どれも厳しい規定が定められています。原料を育てる土壌の規定、ある一定の科学成分の禁止、動物実験をしない、、、など様々な規定をクリアして認定された商品は、良いものである証拠です。有名なものをいくつか紹介します。

ACOBDIHecocertecocontrolICEAsoil-associationUSDA

 

☆オーガニックコスメの落とし穴☆

オーガニック=お肌にいいと思いがちですが、よくよく成分を確認することをおすすめします!良く見かけるのが、一種類でもオーガニック成分を使用していると、「オーガニック成分配合」などとオーガニックを強調する商品が沢山あります。それ以外の成分は全て科学物質で出来ているのが沢山あります。しかし、間違ったことを言っている訳ではないので,大切なのは、我々消費者がそれをわかっていることです。科学成分でも気にしないで、中にオーガニック成分が入っているからラッキーと思うか、本当は微量しか入っていないのに、オーガニック製品だからといって買ってしまうかは、とても大きな違いになるので気を付けて下さい。

超敏感肌の人がコスメを選ぶときは、オーガニックコスメより、無添加をうたった商品の方がいいかもしれません。なぜなら、オーガニックは自然のものであって、アレルギーや刺激を少ないのを売りにした商品ではないからです。もちろん、ケミカル系のものより低刺激のものが多いかとは思いますが、悪い面を知らないと、間違った選択をしてしまうかもしれません。

今後の商品選びに参考にしてみてください。

MAETA