REPRONIZER(レプロナイザー)3D plus 導入、検証してみました。ヘアービューザーと比較

img_3003

2号機のヘアービューザーに続いて出た新機種

これは、ドライヤーです。

 

REPRONIZER(レプロナイザー)

img_3004

 

 

みなさんご存知の

バカ売れ高級ドライヤーシリーズの最新機種です。

ヘアービューザーでも、最高の仕上がりを演出してくれたドライヤー

この新しいドライヤーはいったい、何が変わったのか?

 

 

 

それは

 

風量が強くなった

バイオプログラミング効果の向上

ボディーデザインの変更

 

 

風量が強くなった

風量が強くなったので、2号機より、乾かす時間が短くなり、髪のダメージ

も減った気がします。

(ダイソンのドライヤーの特徴は、風量が強く、風が低温度のため、ダメージの

軽減につながる)

ということは、結果的にダメージ軽減するというこうですね。

 

 

バイオプログラミング効果の向上

バイオプログラミング効果とは、特殊セラミックを内蔵した構造により

風の質が変わり、表面は乾くけど、水分をしっかり含んだしなやかなで

ツルツルな手触りの髪に、乾かすことができます。

 

冷風と温風を交互に当て続けることで、髪質も頭皮もみずみずしく美しく

していくことも可能です。

 

その効果は、美顔器としても効果もあるようで、リフトアップすることもする

ことも可能とのことです。

 

ヘアービューザー(2号機)と比べるため、お客様のご協力のもと

半分、半分で乾かしてみたら

その効果は、一目瞭然仕上がりの質感は、3号機の方がかなり良く!

差を感じました。

 

1回その良さを知ったら、戻れないよな〜。

 

 

ボディデザインの変更

1号機のときの色、「白」の戻りました。2号機は「シルバー」

僕も、個人的には「白」の方が好きなので、良いデザイン変更だなと思いました

 

 

ただ、僕らは、かなりの頻度で使うので、汚れの目立ちやすい「白」はどうなの

か、少し不安でもあります。

 

 

ドライヤーは、意外に壊れません。

 

お値段は

税込 41040円

とかなり高めの設定ですが、なかなか壊れないドライヤーは、7〜8年

使えたりします。毎日使うことを考えたら、費用対効果はかなり高いので

このお値段でも、損はないんじゃないかと、思います。

 

 

そして、美容師として思うことは

髪の状態が良いを保つ

ということが、何よりです。

 

 

清潔感もあるし

スタイリングもしやすい

デザインの幅も広がる

毎日の髪のお手入れにより髪は、いろいろな状態に

なってしまいます。

 

 

毎日のちょっとが良くなるためにも、このドライヤーは

買いだな!

と思います。

 

日々のシャンプー、トリートメント、

そしてドライヤー

これらは、良いものを!

自分にあうもの!

を使ってみてはどうでしょうか?

 

 

大沼宏行

 

 

 

 

 

ようやく入荷 リアル科学 ノティオシリーズ オススメです

img_2874

本日、欠品していたノティオシリーズがようやく入荷いたしました

お待ちになっていたお客様には、随時ご連絡させて頂きます。

 

 

ノティオシリーズ

 

 

まだ、ご存知でないお客様のためにも商品を説明します。

ノティオシリーズは3つ取り扱っています。

 

 

すべての特徴は、

スタイリング剤だけどハンドクリームの効果がある

これが1番の特徴なんです。普通のスタイリング剤は、使ったら手を

洗わないとベトベトしてしまいどうしようもありません。泣

しかし、このシリーズはハンドクリーム成分が多く入っているため

手がさらっと気になりません。

今、バカ売れしている、プロダクトに、その点は似ていますね。

img_2880

これも、超オススメです。

 

 

そして、もうひとつ特徴的なのは、

匂い(柑橘系)

グレープフルーツのような柑橘系のすごく良い匂い

思わずクンクンしたくなるようなさわやかな良い匂いです。

1度、ぜひ香ってみてください。

 

 

質感などを、説明します

まずは、こちらimg_2878

ノティオ クリーム

90g   ¥1780円

 

簡単に言うと、ヘアークリームとハンドクリームのMIXになります。

セット力はさほど、ありませんが形状がジェル状なだけあって

とても潤いのあるクリームになります。

 

シャンプー後やドライ後、どちらでもつけることが可能で

つけることで、髪の水分量は、一気に上がります。傷んでいるところや

乾いているところにつけると効果的面です!

 

髪に潤いを欲しいときに、ベストなスタイリング剤です

 

 

 

 

 

img_2877

 

こちらは

ノティオ バター

45g   ¥1980円

 

 

こちらも、クリームと同様水分量がとても多いのですが

潤いながら質感は、割とさらっとしています。

セット力は、多少あるので、少し毛先にニュアンスのある動きをつくること

ができます。

1番べたっとしないので、つけ心地は、1番自然な感じがします。

ストレートスタイル、ワンカールなどの毛先につけるのを

オススメします。

 

 

 

 

img_2876

こちらが

ノティオ ワックス

45g  ¥1980円

 

 

これも、水分量が多く、1番セット力のあるスタイリング剤です。

束感も出やすく、動きも出しやすいので、ウエット感を出しながら

動きを表現することができます。パーマスタイルやコテを使ったスタイル

の際、しっかりした動きを出せるので、とてもオススメです。

 

すべて、男性でも使用可能ですが、ワックスが1番扱いやすいかもしれません。

 

このシリーズは、これからの季節の最適です。

冬の乾燥した髪を、潤いがあるように演出してくれます

ロング〜ショートの方まで、使えるのでぜひ1度お使いください。

 

hachi  大沼

 

【必見】わかりやすい30代からのヘアケアーのやり方 

img_2584

hachiでは、30代のお客様もとても多く、もちろん40代、50代、60代と

いらっしゃいます。頭皮や頭髪は、ほとんどの方が30代に入る前後くらいから

今までとは、違ってきます。泣

では、どうすれば良い状態をキープできるのでしょうか?

今日は、紙芝居形式で、画像をどんどん載せていきます。

 

img_2585

img_2586

特に女性は、体質の変化や妊娠、出産でも大きく変わっていきます

そして、子育てによる睡眠不足や授乳による栄養不足もかなり

影響してしまいます。

img_2587

img_2588

img_2589

img_2590

img_2591

img_2592

img_2593

img_2594

img_2595

img_2596

img_2599

img_2600

img_2601

img_2602

どうでしょう?

日々のケアーの重要性があがってきます。

良いものを使うことより、自分にあったものを使うこと

自分にあったやりかたをすることが1番です。

担当スタイリストによく相談して、良い状態をキープできるよう

環境を整えていきましょう。

 

大沼宏行

セルフカット(前髪カット)うまくなるコツ

img_2455-1

前髪やこどものカットなど、すぐに気なってしまう。すぐに伸びてしまう。

そんなときに、すぐ!切りたい!すぐ!切りたい!と思うことが

多々あると思います。

そこで、とにかく大事なことは、

良い道具を使うこと

これが、なかなか難しいんですよ!とにかく、ハサミが高いんですよ!

一般でみなさんが使ってるハサミが、だいたい3000円くらい

 

しかし、僕らが使っているは、80000円〜100000円

もっと高いのはあるんです。

同じレベルのハサミを買うというのは、現実的にもったいないので

でも

でも

最低10000円以上

のハサミを使って欲しいな〜というのが本音です。

高いハサミの良いところは

とにかく切れる!

img_2454-1

特に刃先が全然違います!

刃先が切れると、細かいニュアンスが出しやすいのです。

 

安いハサミの切れる場所というのが、ハサミの軸の部分

支点部分

ここで切るのは、かなり難易度が高く、しかし刃先で切ろうとすると

毛先が逃げてしまってうまく切れない。その原因は腕が悪いのではなくて

単純にハサミが切れない

ですよね。

みなさん、お金に余裕があるかたは、買ってみてはいかがでしょうか?

 

 

もし、興味がある方は、hachiのスタッフに1度本物のハサミを

使わせてもらってください。感動するくらい切れますよ

 

hachi 大沼

【必見】簡単!髪が傷まないドライヤーの使い方

img_9472

髪が傷む理由には、紫外線やカラーやパーマ、シャンプーなど

たくさんの理由があります。

 

 

しかし、髪が1番傷みやすい箇所は、決まっていて

それは

顔周り

トップ

になります。

 

 

この理由は、簡単で

紫外線を1番受ける

ということと、もう1つが重要で

1番 いじってしまう

ところなんです、普段もよく触ってしまうし

乾かすときもそこから乾かしてしまうのです。

 

 

ここに傷むことのヒントがあるのです。

単刀直入に言うと、ドライヤーを使う際に

トップや前髪、顔周りを先に乾かして、他はあとから

乾かすことにより、最初に乾かし始めた髪は、終わる頃には

オーバードライ(乾かし過ぎ)

になってしまいます。それが、毎日になってしまうことにより

髪の傷みが、どんどん進行してしまい取り返しのつかないことに

なってしまいます。

 

 

じゃあ、どうすればですが、もちろん意識して、内側や後頭部から

乾かせば問題ないと思いますが、もっと簡単なやり方が

クリップでとめる

と簡単に、髪に優しく乾かすことができるのです。

実際のやり方です。

 

 

シャンプー後、タオルで十分に乾かす

img_9472

 

 

 

そうしたら、トップと顔周りをクリップでまとめます

まとめやすいやり方で構わないので、まとめてみてください。

img_0283

 

 

 

その後、クリップで止めていない部分をしっかり乾かします。

img_6994

 

 

トップと顔周りは、まだ濡れていますが 他はしっかり乾いた状態が、こちら。

img_3996

 

 

 

その後、クリップを外して、乾かします

img_6522

 

 

すべて、乾かし終わるとこんな感じになります。

img_6807

 

トップや顔周りに、潤いが生まれ、髪が生き返ったような気になります。

これを、日々続けることにより、日々の髪のダメージも軽減し

みんなに褒められること間違いなしです。

 

クリップで止めるだけで

 

もちろん、シャンプーやトリートメントを、髪質にあったものを使い

乾かす前に、オイルやスタイリング剤を付け、さらに高級ドライヤーを

使うことによって、さらにクオリティーの高い成果も期待できるので

こだわりが強い方は、是非お試しください。

 

大沼宏行